2017年10月6日号 Vol.311

中根和美・個展「彩花展」
領事館ギャラリーで



画家・中根和美の個展「彩花展」が、 在ニューヨーク日本国総領事館広報センター内のギャラリーで、10月3日(火)から26日(木)まで開催される。
中根は、熊本出身。女子美術大学芸術学部デザイン科卒。しばらくテキスタイルデザイナーとして働いた後、制作活動を始める。現在海外での個展、グループ展に参加している。
今回の個展のテーマは、「自分が今ここに在る」「日々生きる歓びを感じている」こと。この二つを根底にし、「いのちのかたち」を描いていると中根。それが、時に種であったり、花であったりするのは、 種や花の力強いフォルムや深い色合いの中に、あふれる生のエネルギーを感じるからだという。
「種は発芽し、花を咲かせ、やがて実を結ぶ。この過程のどの瞬間においても、いのちは輝き、いのちの存在を主張しているのだと思う。いのちのかたちを求めて、私の興味は尽きることがない」

■10月3日(火)〜26日(木)
 9:30am〜4:00pm(土日祝休館)
■会場:在NY日本国総領事館
 18階 広報ギャラリー
 299 Park Ave., 18th Fl.
 ※入館時に要写真付きID



HOME